PROKHROVN

チャーリーとチョコレート工場

ティム・バートン監督とは長い付き合いだけど、彼はいいよ~。
↑先生降臨

「バットマン」「バットマン・リターンズ」「バットマン・フォーエヴァー」はともかく。
「シザーハンズ」→ 名作
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」→ 素敵
「マーズ・アタック」→ 個人的には好き
「スリーピー・ホロウ」→ 眠い時に観るとおもしろい
「猿の惑星」的なもの → ・・・
「ビッグ・フィッシュ」→ 素敵

素敵作品が結構多い。

で、「チャーリーとチョコレート工場」

ちっさいおっさんさいこー
略して
ちんこー

え? あぁ、すんませんね。

ちっさいおっさん=ディープ・ロイasウンパ・ルンパ
ウンパ・ルンパは工場の工員で、全員が同じ顔。
顔は荒井注を南国の風に5年ばかり晒した感じ。
そんな大量のちっさい荒井注が歌ったり踊ったりの珍光景。
ティム・バートンのセンスの鋭さが表われております。

ストーリーとかキャラクターも素敵。
いい映画だったヨ。
[PR]



by c-oichan | 2005-09-24 22:11 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31