PROKHROVN

THE有頂天ホテル

面白かった。
肩の力を抜いて観るには最高の映画(ニホンゴだし)

登場人物は多いけど、マドンナの旦那(名前が出てこない)の映画みたいに複雑に入り組んでいないのでリラックスして鑑賞できる。
でも、登場人物全員にストーリーがあって、それがきちんと繋がっている。
緻密な脚本(才能)。
まぁ、正直どうよ?っていうくらい強引な繋げ方ではありますが。

あとは役者の演技力と存在感。

やはり役所は上手であった。
あの手の滑稽味のある役がハマるのはさすがである。

松もウマイ。
肌キレイ。

卓造は相変わらずであった。
なんかいつも汗をかいているな、卓造は。

梶原善、すごく良かった。
1等賞をあげます。

伊藤四郎と西田敏行もこれまた相変わらずであった。
相変わらずで面白いって、よく考えたらすごいことなんである。

あと、川平J、うるせー・・・
役者に文句をつけるとしたら、コイツくらいである。

よくあんなにイイ役者集めたね!
三谷帝国はこの先どこまで拡大していくのだろうか。
[PR]



by c-oichan | 2006-01-30 16:49 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31