PROKHROVN

なぞなぞ

負けた方が楽しいもの、なーんだ?
答えは誘惑

国家試験の勉強をすると言っておきながら、です。
甘いものと面白いものの誘惑には勝てなんだ。





昼頃きました。
「貴意に添えず」とか「残念ながら」
などと書かれた手紙が。

落胆する私を見た母が放った一言が、ひどすぎる。

「仏の顔も三度までって言うじゃない!」

意味がわからない。
慰めなのか、なんなのか。

「こんな女(母)ですらサラリーを貰っているのだから、私だってなんとかなるはず」
という意味では慰められ、
「こんな女(母)ですらサラリーを貰っているのに、なんとかなっていない私は一体何なのか」
という意味で更に落ち込んだ。

さて、今後は活動の範囲を更に狭めていこうと思います。
[PR]



by c-oichan | 2006-02-22 17:06 | 学業

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30