PROKHROVN

新人教育

上司(以下「上」):お前、俺の話聞いてんのか?
私(以下「わ」):ハ、ハイ!(この人今日怖い!)

上:ハイじゃないだろハイじゃ。
  それと口からクソを垂れる時は前後に「サー」を付けろこのゴミが。
わ:?!
上:返事はどうしたこのビチクソ!
わ:さ、サー、イエスサー!
上:よし、今からお前に新人教育を施す。
  お前のような物分りの悪いクソには特別厳しくしなくてはならない。
わ:あ、あの、今日は一体どうしたんですか?
上:何?!クソに質問するのは俺の役目だ。
わ:はいすみません!
上:とりあえずCTRについて答えろ!
わ: ・・・・
上:こんなことも分からないのか(天を仰ぐしぐさ)
わ: ・・・・
上:もういいから回路を準備しろ!
わ:ハイ(泣きそうになりながら)


上:遅い!首切り落として泥詰めるぞ!
わ:(ヒィ)

上:いいか良く聞け。
  お前には今のところ両生類のクソを掻き集めた値打ちしかない。
  しかし俺が一人前にしてやる。
  その時までお前は両生類のクソの塊として生きていけ!
わ:(泣く)

という4月1日(エイプリルフール)でした。
エイプリルフールに騙されないためには、嘘か本当か決めること自体を嘘だと思えば良いそうです。
[PR]



by c-oichan | 2006-04-01 19:51 | 仕事

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31