PROKHROVN

八月納涼歌舞伎

3日前の予告通り、歌舞伎の感想、はいドーン。

八月の納涼歌舞伎は新作も出るので毎年楽しみにしておるです。
今年は第1部を観たよ。

・ 慶安太平記 丸橋忠弥

中盤は完全に寝た。
前日通し勤務で疲れてたってのもある。
でも正直、動かずにごちゃごちゃ台詞だけ喋られてもね。
しかしながら、後半の立回りは面白かった!
橋之助、動く動く(オッサンの運動量を軽く凌駕してる)。
棒や縄を使ってのシバき合い、組体操チック、戸板返しチック、もう何でも有り。
この立回りを降り付けた殺陣師、振り付けてる最中、アドレナリン大放出だったんだろうなぁ。

・ 近江のお兼

長唄舞踊。
基本的に踊りは好きなんだけども・・・寝た。
面白かったのは、馬。
馬の後ろ足の中の人が超頑張っていた。

・ たのきゅう

新作舞踊劇。
新作は台詞が現代語なので、安心して楽しめる。
染五郎素敵。
その一言に尽きる。
染五郎は二枚目も三枚目も悪役も出来て、素晴らしい!
[PR]



by c-oichan | 2006-08-17 13:00 | 歌舞伎

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31