PROKHROVN

ハッピーフィート

 南極に暮らす皇帝ペンギンたちの世界を歌と踊りで綴るファンタジー・ミュージカル・アニメーション。誰もが自分だけの“心の歌”を持っているペンギンたちの中にあって、音痴なうえにペンギンらしくないステップでダンスを踊る青年ペンギンが、周囲のイジメや無理解を乗り越え自分の生き方を貫き通す姿を、数々のヒット・ナンバーと共に描く。主人公の声にイライジャ・ウッド。その他、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ロビン・ウィリアムズ、ブリタニー・マーフィら豪華スターが声優を務め、みごとな歌声を披露。監督は「マッドマックス」「ベイブ/都会へ行く」のジョージ・ミラー。2006年度のアカデミー賞では、ディズニーの「カーズ」を抑えてみごと長編アニメ賞を受賞。

ハッピーはどこに?

キュートでハッピーな映画を観て気分を上げていこうと思ったのに・・・
たいしてハッピーではない、むしろ気分を害されたとすら感じたのだが・・・

たしかにキュートなペンギン(ただし子供時代に限る)のキュートな歌とダンスは想像を超えて良くできておったといえる。
主人公マンブルを始めとした赤ちゃんペンギンのフラッフィーぶりには感激した。
赤ちゃんペンギン共が集まってピーピーやってるシーンなど、鳥肌モノの可愛らしさであった。

しかしマンブルが周囲から受けるイジメや無理解は、もはや村八分、いやむしろ迫害ともいうべきレベルであり、見ちゃおれん・・・。
さらにペンギン世界を脅かす人間による環境破壊についても言及されており、観てるこっちは人間として胸が痛みまくりで、ペンギンたちに感情移入なんて無理な話なのであった。
というか、ペンギンに感情移入って・・・どれだけ映画を楽しもうとしてるんだ私は・・・
特に人間に捕らえられたマンブルが水族館で飼い殺されている内に徐々に正気を失っていくくだりでは、「この監督狂ってるよう」と思った、ほんとに。

そんなこんなで映画館を出るときには、ハッピーてなに?ってなことになっていた。
たかがペンギンアニメの物語部分に過剰に反応した自分を反省している・・・。
もっと素直にペンギンさんの可愛さを楽しめば良かったんだよ・・・。

まとめ
サタデーナイトフィーバーが全然フィーバーしていなかったのと同じ原理
[PR]



by c-oichan | 2007-03-25 19:04 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31