PROKHROVN

ハンニバル・ライジング

 トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾。新たに書き下ろされた同名原作を基に、レクター博士の幼少から青年期にスポットを当て、冷酷な殺人鬼へと変貌を遂げていく姿を描き出す。原作者のトマス・ハリスが初めて自ら脚本も担当。青年期のレクター博士役に「ロング・エンゲージメント」のギャスパー・ウリエル、共演に「SAYURI」のコン・リー。監督は「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー。
 1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は、幼い妹ミーシャと2人で山小屋に隠れ住んでいた。ある日、残忍な逃亡兵グループが山小屋を乗っ取り、か弱いミーシャは彼らに殺されてしまう。その後、心を閉ざしたまま孤児院で成長したハンニバルは、やがて脱走し唯一の親類を求めてパリの叔父のもとへと向かう。しかし、すでに叔父はこの世を去り、未亡人の日本人女性レディ・ムラサキが、ハンニバルを温かく迎える。ハンニバルは彼女のもとで高度な教育を受けると共に、次第に心の奥底に封印されていた復讐の情念を目覚めさせていくのだった。


公開されてからしばらくたっている作品なので、そこそこの前知識(主に「とんでもない映画を観ちまった」的な酷評)を前提に鑑賞した訳ですが、期待値が低かったためか、そこそこ面白く感じた。

レクター博士があーなっちまうまでを描いたつもりらしい。
が、今回のレクターとアンソニー・ホプキンスのレクターは別人、赤の他人です(よね?)
まず、顔が違います(非常に冷静な口調で)。
ライジング以後の博士がリッチになり美食に走ってお太り遊ばしたとしても、顔が違います(判決を言い渡す口調で)。

それに加えて、若いレクターが殺人に至る動機がふ、復讐・・・。
目には目を、カニバリズムにはカニバリズムを・・・。
ちうか、カニバる理由が「妹と約束したから」て!!
ハンニバルの青年期は、妹思いのトラウマボーイなのでありました・・・。

で、ハンニバルシリーズの原点としてはどーなのかと思われる今作ですが、映画としてダメかといわれればそーでもなく。
若干、
「レディ・ムラサキと剣道修行?!」
「大阪の陣の巻物?!」
「広島、原爆持ち出しちゃった・・・!」
と失笑を禁じえない場面もありはしましたが。

主演のギャスパー・ウリエルがもー、きれいできれいで。
でもちゃんと人殺してそうな面構えしてるんですよ。
で、悪役のリス・エヴァンスもこれまた人殺してそうな顔で。
役者陣は素晴らしかったと言える。


まとめ
別にライジングするのはハンニバルじゃなくても良かった。
[PR]



by c-oichan | 2007-05-07 20:53 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30