PROKHROVN

股間に警棒突き刺さる

みなさん、パトカーに乗ったことはありますか?


昨日は19時ごろ学校を出ました。
外に出て、月を見ながらren様
「きれーだねー」
なんて会話をするほど穏やかな一日だったんです。

ところが・・・

学校のバス停でバスを待っているときから胃の調子はおかしかったんですが、
電車に乗ったあたりで口の中が胃酸風味。
駅のトイレで嘔吐なんかしたくない。
一種の賭けでしたが、自宅まで我慢することに。
こうなってくると、普段はありがたい車内の冷房も迷惑の極み。
冷や汗がさらに冷やされて、寒い。
必死の思いで自宅の最寄り駅まで辿り着き、さあ、あと10分。
トイレまでだから12分くらいか。
よし、いける!!


・・・アレ?
警察車両と警察官がたくさん・・・

警察官VSチンピラ

いや、それはいいんですけど!
通してください!
まじで!!

通りたい一心で警察官に近づく私。
「お嬢ちゃん、危ないから下がって!」
いや、危ないっちゃ危ないけど、危ないのベクトルが違うから。
私の胃の中のほうが危ないから。
小規模テロ起こしちゃいそうだから。

通してよー、わぁーん。
おかーさーん!!
半泣きで警察官にすがり付こうとするも・・・

ゴォエェェ・・・

あーあぁ・・
だから言ったのに。

幸いにも吐瀉物の量は手のひらサイズ。
おいしそうな春雨&わかめ。
夕方に食べたスープ春雨だ。
手のひらに載った春雨(胃液風味)をどう処分しようかと逡巡する私。

・・・アレ?もしかして、メッチャ見られてる??

もういまさら恥ずかしいとかはないんだけど、この状況、微妙。
さらに逡巡していると、親切な野次馬の方がティッシュを下さりました。
とりあえず手のひらと口元を拭う。


吐いたらちょっと楽になったので、さっさと帰ろうと思い歩き出すと、
オヤ?警察官が近づいてくるよ?

「とりあえずこっち来なさい」

こっち・・パトカーかよ。
・・署に連行されるのか。
ぶちまけこそしなかったが、小規模テロだからな。

気力も体力も限界だったので、おとなしく後部座席に乗ってあげました。

「お嬢ちゃん、おうちどこ?」
「K小のそばです」
「あそー」

どうやら家まで送ってくれるらしい(ラッキー)
警察官VSチンピラの抗争を収めたのは私のゲロだからね。
当然といえば当然だね。

「お嬢ちゃん、塾の帰り?」
「お嬢ちゃん、具合だいじょうぶ?」

面倒だったので、「あー」とか「うー」とか返事をしておきました。
しかし、「お嬢ちゃん」て。
こう見えても昨日は選挙権を行使してきたんですがね。
アレだよ?
今日はCさん体調悪いからいいけどさ、
普段のハードボイルドなCさんだったら大変よ、アンタ。

警棒股間に突き刺さってたね。
[PR]



by c-oichan | 2005-09-13 11:08 | 生活

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31