PROKHROVN

2005年 08月 27日 ( 1 )




オープンキャンパス

今日は大学のオープンキャンパスがあり、アルバイトとして参加しました。
来てくれる人(主に高校生)に臨床工学技士について・技士が扱う機器について・大学での生活について・受験について・就職についての説明をしました。
当初は緊張しましたが、相手が素人ということもあり適当に誤魔化して説明しても特に支障がないと気付いてからは立て板に水の如くしゃべることができ、あっという間の一日でした。
しかしながら、かなりアクロバティックな質問をされるご父兄もおられたために嫌な汗をかくハメにもなりました。
質問の内容は覚えておりません。
どうやって切り抜けたのか、自分でもわかりません。
いざとなると別人格が悪況を切り抜けるという素晴らしい能力が自分に秘められているかもしれないということに気付いてしまいました。
これは就職活動時の面接においても有効かもしれません。
「あれ、嫌な質問をされたような気がするけど、なんとかなってるぞ」みたいな。



そんな感じだったらいいと思います。
[PR]



by c-oichan | 2005-08-27 17:30 | 学業

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧