PROKHROVN

カテゴリ:歌舞伎( 6 )




八月納涼歌舞伎

3日前の予告通り、歌舞伎の感想、はいドーン。

八月の納涼歌舞伎は新作も出るので毎年楽しみにしておるです。
今年は第1部を観たよ。

・ 慶安太平記 丸橋忠弥

中盤は完全に寝た。
前日通し勤務で疲れてたってのもある。
でも正直、動かずにごちゃごちゃ台詞だけ喋られてもね。
しかしながら、後半の立回りは面白かった!
橋之助、動く動く(オッサンの運動量を軽く凌駕してる)。
棒や縄を使ってのシバき合い、組体操チック、戸板返しチック、もう何でも有り。
この立回りを降り付けた殺陣師、振り付けてる最中、アドレナリン大放出だったんだろうなぁ。

・ 近江のお兼

長唄舞踊。
基本的に踊りは好きなんだけども・・・寝た。
面白かったのは、馬。
馬の後ろ足の中の人が超頑張っていた。

・ たのきゅう

新作舞踊劇。
新作は台詞が現代語なので、安心して楽しめる。
染五郎素敵。
その一言に尽きる。
染五郎は二枚目も三枚目も悪役も出来て、素晴らしい!
[PR]



by c-oichan | 2006-08-17 13:00 | 歌舞伎

六月大歌舞伎

見てまいりました、歌舞伎座六月大歌舞伎。

演目は

・ 君が代松竹梅
・ 双蝶々曲輪日記
・ 昇龍哀別瀬戸内 藤戸
・ 江戸絵両国八景 荒川の佐吉

感想は

・ 今まで見た歌舞伎の中で最も面白かったよ!
・ 踊り好きな私のための演目だ
・ 「君が代松竹梅」なんて、ストーリーなくひたすら踊っているだけなのに、素敵・・・☆
・ 長唄囃子連中とか、職人芸だ!素敵過ぎる!
・ 舞台美術もとても良かった(特に堀江の景色・長屋の奥行き感)
・ 「藤戸」は、吉右衛門の悪龍の頭上に蛇口が載っているように見えたよ、ププ
・ 市川染五郎はカッコイイし、芸もある
・ 子分やらせたら右に出る者はおらん
・ 染五郎、お気に入り役者
・ 「荒川の佐吉」は佐吉が、つか仁左衛門がカッコイイ・・!
・ 仁左サマにドキムネ!
・ 恋に落ちた!
・ そんなことより、弁当の柿の葉寿司がしょっぱかったよー
[PR]



by c-oichan | 2006-06-04 23:08 | 歌舞伎

コクーン歌舞伎「東海道四谷怪談・南番」

ひさびさの歌舞伎(渋谷シアターコクーン)。
翌日に初出勤を控えておきながら夜の部を見に行くというチャレンジ精神。
だってしょうがなかったのだ、まさか21日から勤務なんて知らなかったんだから。
13000円を無駄にするわけにはいかなかったんだから。

そんな状態で精神的には非常に追い詰められていたわけですが、芝居自体は大変面白く、楽しめた。

まず中村橋之助演じる民谷伊右衛門、これが想像を絶する極悪人、人殺し。
人を殺すのに躊躇いが無い。
妻子をゴミのように捨てる(しかも殺す)。
金の亡者。
最終的には幽霊を恐れて気が触れる。

・・・惚れた、よ・・・

こんな外道でも格好良い。
橋之助は素晴らしい役者だ(たとえ三田ひろ子の旦那でも)。

そして中村勘三郎演じるお岩様・与茂七・小平(三役)。
やはり勘三郎は芸がある。
女役も難なくこなす。
何より早着替えがスゴい、本当に一瞬、しかもそれが何度も続けざまに。
宙吊りになるわ火の輪くぐりはするわ、水中から登場するわでもう体力勝負。
あのオッチャン、本当に芝居が好きなんだなあ。

それと私が観に行った20日はスペシャルデーだったらしく、同じく渋谷で上演中の「パルコ歌舞伎・決闘!高田馬場」から市川染五郎が闖入。
「キャー!」
ファンでもないのに黄色い声をあげてしまった。
だって、まさか染五郎が来るなんて!!
染五郎、すごい素敵!
隠し子認知騒動なんか忘れさせてくれるくらい素敵!!
動きにキレがあって、運動神経と踊りのセンスを覗わせていた。

と思ったら、パルコ歌舞伎を演出している三谷幸喜さんが客席にいらしてました。
観に行って良かった!
[PR]



by c-oichan | 2006-03-22 19:33 | 歌舞伎

新春浅草歌舞伎

日曜日に浅草公会堂で新春浅草歌舞伎を観てきたよ。
浅草公会堂にははじめて行ったけど、歌舞伎座に比べて小奇麗だったよ。

演目は歌舞伎十八番「鳴神」と「仮名手本忠臣蔵」でやんした。

えー、寝た。
特に仮名手本忠臣蔵は良く寝たね。
花道のすぐ横に座っていたんだけど、花道を誰かが通るまで意識が途絶えたりとか、しょっちゅう。
やっぱり台詞劇は苦手だわい。
鳴り物がうるさい踊りとかの方が面白く感じるのは観劇素人の証か。

あと、お姫様は良い匂いがした。
感想、そんだけ。
やっぱ歌舞伎役者も年季を積んだ人のほうがいいな。
つまりオッサンのほうがいいな。
[PR]



by c-oichan | 2006-01-24 16:39 | 歌舞伎

9月大歌舞伎

夜の部(「平家蟹」「勧進帳」「忠臣連理の鉢植」)を観てきたヨ。
観てきたはずなんだけど、感想はないヨ。
ほとんど寝てたからネ。
つまらなかったとかじゃなくて、見えなくてネ。

やっぱり3階席の端は全然駄目だネ。
ということがわかったことが収穫だネ。
[PR]



by c-oichan | 2005-09-10 23:55 | 歌舞伎

八月納涼歌舞伎「法界坊」

昨日、納涼歌舞伎第3部「法界坊」を観て来ました。
古典ではなく新作歌舞伎だったので、解り易くイヤホンガイドなしで楽しむことができました。

一幕目・二幕目はほぼコメディ。
大喜利(三幕)はいきなり雰囲気が変わって浄瑠璃。
勘三郎の法界坊・勘太郎の勘十郎・亀蔵の番頭さん・橋之助の甚三郎が面白かった!
とくに勘三郎がやりたい放題でしたが。
橋之助いじりまくってましたが。
いじり口調がアーサー王@真夜中の弥次さん喜多さんでしたが。

新作は遊びがあって面白いです。
[PR]



by c-oichan | 2005-08-20 13:42 | 歌舞伎

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31