PROKHROVN

カテゴリ:映画( 62 )




barfuss 裸足の女

昨日はお休みだったので、行ってきましたドイツ映画祭2006。
お目当ての「裸足の女」を観られて大満足。

どんな映画だったかというと・・・

失業中のプレイボーイ、ニックは精神病院で掃除夫の仕事をしていたときに若い女性ライラの自殺未遂現場に遭遇する。彼女はニックの自宅までついてきたばかりか、遠い街にある義父宅への旅にも同行する。長年母親に監禁されていた彼女にとって、それは生まれてはじめての外出だった。冒険を重ねるうちに、両者は次第に心を通い合わせるようになる……。主演・監督をつとめたシュヴァイガーは、ドイツ最高の人気俳優である。軽やかで心温まる演出のなされた本作は、欧州諸国で大ヒットを記録した。

で、めちゃめちゃ心温まった。
しかも面白かった。
さすがティル様、(クスクス笑いの)ツボを心得ておられるワ。

こういう「○○映画祭」で上映される作品が好きだ。
次はスペイン・ラテンアメリカ映画祭に行きます。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-18 12:10 | 映画

ドイツ映画祭

ドイツ映画祭

楽しみです。
とりあえず17日の「裸足の女」をみにいきます!!

主演・監督をつとめたシュヴァイガーは、ドイツ最高の人気俳優である

シュヴァイガー目当てです。
こやつも日本ではめったにお目に掛かれないからね。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-03 18:23 | 映画

花よりもなほ

水曜日はレディースデイ☆
というわけで観てきました「花よりもなほ」
本当は「カサノバ」を観る気マンマンで行ったのですが、時間が合わず断念。
「タイヨウのうた」か「花よりもなほ」で迷ったけれど、ほれそこはやはり竜ちゃん!!
竜ちゃんが見られるだけでOK!ってことで「花よりもなほ」を観ました。

映画の内容はといえば・・・

「誰も知らない」の是枝裕和監督が、「東京タワー」の岡田准一を主演に迎えて贈る人情時代劇エンターテインメント。父の仇討のため江戸に出てきた若侍が、個性豊かな面々が集う人情溢れる長屋で暮らすうち、様々な経験を積み成長していく姿をユーモアを織り交ぜ描く。共演は「たそがれ清兵衛」の宮沢りえ。
 時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そんな中、父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた若者、青木宗左衛門(宗左)。貧乏長屋に腰を据え、仇である金沢十兵衛を捜して回るが、一向に見つけられず、いまだ使命を果たせずにいた。ところがそもそもこの宗左、武士とは名ばかりで、剣の腕はからっきしダメときていた。おまけにいつしか、向かいに住む美しい未亡人、おさえにほのかな恋心を抱いてしまう始末で…。


なんか物凄く面白かったんですけど!
竜ちゃんが!
キム兄が!
石橋れんじが!

あと、加瀬亮がちょっとほんと結構格好良かったんだから、まったくもー。

良い映画でした。
良く練られた脚本も、それでいて押し付けがましくない演出も、私好み。
と思ったら是枝裕和が監督/原案/脚本/編集かー。
是枝監督は「帰ってきた!刑事まつり」の「はぐれちゃった刑事」が良かったなー。

最後に印象に残ったシーンと台詞を紹介。

・ 竜ちゃんと柴犬
  物語の舞台は五代将軍綱吉、生類憐れみの令の時代。
  つーことでお犬サマ(柴犬)と竜ちゃんが1枚のパンに収まっているという奇跡。

・ 「クソが餅に」
  わからないようなわかるような台詞。
  りえちゃんがクソクソ言ってるのもまたよし。

・ 「来年も咲くから潔く散れる」
  深い、深すぎるぜ!!
  マゴさん(キム兄)の口から語られてこそキラメく言葉たち。
[PR]



by c-oichan | 2006-06-28 20:42 | 映画

ダ・ヴィンチ・コード

「やっと終わった」

感想、以上。
仕事帰りに観に行ったのが悪かった。
上映前に小腹を満たしてビールまで飲んだのが悪かった。
でも寝なかった。
もしかしたら面白かったのかもしれない。

原作を読んでから観たので、マア話はわかった。
未読だったら付いて行けなかったと思う。
でもツレ(未読)がフィボナッチ数列を知らなかったのには驚いた。
それくらいは知っておけよと思った。
私は原作のヴィジュアル面(ルーブルとか大聖堂とか)を補完できたので、観てよかったと思う。

ツッコんでいけばきりがない

・ トムかよ
・ ラングドン賢すぎ
・ アリンガローサがキモい
・ レニーがキモい
・ 修道会メンバー(婆さんの付近に)多すぎ
・ 駆けつけるの早すぎ
・ シラスって発音サイラスなんだ
・ アルビノメイクが素晴らしい

あれ、なんか褒めてる?

でもやっぱり感想は
「やっと終わった」
なのであった。

そんなことより、予告が面白かった!

[パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズチェスト」 そこそこ面白そう
「スーパーマン リターンズ」 観たい
「M:I3」 多分観る
「007 カジノロワイヤル」 絶対観る
特に007はモー最高。
久しぶりにマッツんの顔が見られたし(素敵)、なによりダニエル・クレイグが面白い。
「ボンドが007になるまで」、つまり若造ボンドの成長物語なはずなんだが、新ボンド=ダニエルがどう見ても40代半ば。
爆笑。
というわけで、007は絶対観ます。
[PR]



by c-oichan | 2006-06-18 13:45 | 映画

最近映画を観ていないのです

忙しかったり、ダルかったりで。
ダ・ヴィンチ・コードの前売りすら使えていない始末。
終わる前に行かねば。

DVDはいちおう観てます。

カンフーハッスル
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スコア選択: ★★★★

チャウ・シンチーは天才だ


フォーガットン
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スコア選択: ★★

はぁ?!


試写会、最近物凄く当たってるんです。
「トランスポーター2」
「インサイド・マン」
「ウルトラヴァイオレット」

でもどれも行かずじまい。
夜勤、夜勤でよ・・・

あー、映画観てぇ
[PR]



by c-oichan | 2006-06-16 00:08 | 映画

レンタル5枚で1000円

ツタヤがセール中でして。

下妻物語 スタンダード・エディション
/ 東宝
スコア選択: ★★★★★

負ける気がしねえ


カンヌで好評だったらしいですね。
確かにすげえもん、アンナ。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★

ウィーンって素敵なところですねえ


男女がひたすら喋っております。
ただそれだけであります。
つまらん!ということもなく、でも途中寝た。

ビフォア・サンセット
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★★

パリって素敵なところですねえ


「ビフォア・サンライズ」の続編。
10年後の設定らしい。
ふつう、続編っていうと面白くなくなっているものだけど、これはイイ。
とても素敵。
とても、続きが気になる。
けど、想像に任せるというのがまた素敵。
(といいつつさらに続編とかできたら萎えるわ~)


オマケ

シティ・ボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官大運動会」
/ コロムビアミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★

リバーシブル!

シティボーイズ、尊敬。
[PR]



by c-oichan | 2006-06-03 22:01 | 映画

マッツん!

今しがた、あても無く電子の海を泳いでいたときに見つけた情報。
新ジェームス・ボンドを演じるダニエル・クレイグがショボいことで前評判も高い「007/カジノロワイヤル」にマッツんが出演するらしいよ!

マッツん(マッツ・ミケルセン)はアタイのお気に入り俳優。
デンマークでは相当有名らしい。
「キング・アーサー」という救いようの無い映画に出演していた彼を見てフォーリンラブ。
「しあわせな孤独」というこれまた救いようの無い映画に出演していた彼を見てゾッコンラブ。
骨格と筋肉と唇と声が最高にエロいマッツん。
アマゾン(UK)を利用するほど悔しいけれどお前に夢中なアタイ。

アマゾン(UK)を利用でもしない限り、日本では滅多とお目にかかれないと思いきや。
よりによって007ですか。
よりによって悪役ですか。

ショ様の二の舞にはなってくれるなよ・・・。
[PR]



by c-oichan | 2006-05-22 19:01 | 映画

ナイロビの蜂

「Vフォー・ヴェンデッタ」か「ピンクパンサー」か、あるいは「プロデューサーズ」か。
アホっぽくて元気の出る映画を観ようと思ったのに。

時間の関係で重たいこと請け合いの「ナイロビの蜂」を鑑賞。
レイチェル・ワイズがアカデミー賞主演女優賞を受賞したことでイッキに箔がついた感がある映画。
レイチェルは好きだ。顔が。
でも主演のレイフ・ファインズはどっちかつーと嫌いだ。顔が。
特に目と眉毛の間が。

それはさておき、映画は大変良かった。
アフリカの悲惨な現状、第3世界を食い物にする大国の小汚さ、なんかスゴい妻の愛、などなどがフェルナンド・ナントカカントカ監督の力技(フラッシュバック乱打)によって観客を巻き込む形の壮大なラブストーリーに仕上がっている。

人道活動家のテッサ(レイチェル)が大手製薬会社のアフリカでの非人道的な臨床試験を告発しようとし、何物かに殺される。その死の真相をテッサの夫ジャスティン(ファインズ)が追ううちに妻の愛に気付いていく、っつー、私が文章で表現すると限りなく陳腐に感じる話なんだけど、春樹あたりに文章化して欲しいところなんだけど、とにかく素晴らしい映画だったんです信じて。

映画を観て思ったこと列挙。

・ レイチェルの笑い声がとても自然(オバチャンぽい)
・ つうかテッサ24歳という設定はどうなんだ(無理があるだろ)
・ 監督は製薬会社に恨みでもあるんだろうか
・ ストーリーの着地点が見えなくて不安になった
・ と思ったらまさかのジャスティンの死に着地
・ 「君の秘密が分かったよ」っていわれても。アタイに分かるように説明しれ
・ とか思うのは無粋か?
・ それにしてもアフリカ、トゥルカナ湖は綺麗
・ テッサの従兄弟とその息子、すごくね?
・ 「ナイロビの蜂」って邦題、どうなの?
[PR]



by c-oichan | 2006-05-16 19:06 | 映画

RENT/レント

♪525,600 minutes How Do you measure,measure a year?

最近流行りのミュージカルの映画化。
RENTは10年ほど前にブロードウェイで初演されたミュージカル。
なんか色々賞を獲ったらしい。

で、今回の映画化はほぼオリジナルキャストらしい。
それが当たっているんだか当たっていないんだか・・・。
歌とかパフォーマンスが上等と言う点では大当たり。
モー最高。
しかしながら10年の時差がオニーチャンをオッチャンに、オネーチャンをオバチャンにしちゃってる感は否めず・・・。
ただし劇中で「アタイ19歳ヨ」って白状しているミミちゃんは今回新たにキャスティングされたお嬢さんですので大丈夫、うん大丈夫。

ストーリーはね、プッチーニのラ・ボエームを20世紀末のニューヨークに持ってきたよー、て感じです。
ニューヨーカーな仲良しボヘミアンどもが貧乏とか(家賃とか)エイズとかドラッグとか恋愛とか秋田犬とかで悩んじゃう。
でも俺らには友情があるもんな!!つー話。
主要な登場人物の半数はHIV(+)なのでどう転んでも話が重くなります。
が、コイツら、夢とか愛とか結構しつこく追いかけているから、そこに救いが見出せる(助かった・・・)。

ミュージカルだからね、歌、スゴイ。
「いきなり歌い出すからミュージカルって苦手」という人が居るけど、もう全然。
もうホント大丈夫、いきなり歌い出したりなんてしないよ、常に歌ってるよ。
普通に台詞しゃべってると心配になるくらい。
ちなみにロジャー役の人の歌というか歌声がちょっとイエモンの人に似てる。

良い音楽の映画を観た後の恒で、サントラが欲しくなった。
でもDVDが出るまで我慢。

それくらい(DVDが欲しくなるくらい)良い映画でした。
[PR]



by c-oichan | 2006-04-30 21:15 | 映画

この映画を観なければならない

このところ観たい映画をことごとく見逃しています。
今後観たい映画は、

・ 寝ずの番
・ プロデューサーズ
・ Vフォー・ヴェンデッタ
・ RENT/レント
・ グッドナイト&グッドラック
・ ピンクパンサー
・ 間宮兄弟
・ 陽気なギャングが地球を回す
・ ダ・ヴィンチ・コード
・ 嫌われ松子の一生
・ ナイロビの蜂
・ インサイド・マン
・ トランスポーター2
・ サイレント・ヒル
・ カポーティ
・ パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
・ カサノヴァ

実際に劇場で観るのは5作品くらいのものなのでしょうが。
あ~!映画みたい!!
[PR]



by c-oichan | 2006-04-23 00:23 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31