PROKHROVN

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧




トランスアメリカ

昨日はシネスイッチ銀座で「トランスアメリカ」を観ましたよ。
酒が入っていたので前半20分は完全に寝ていたけれども、まあ話はわかった。
どんな話かというと・・・

性同一性障害(トランスセクシュアル)に悩む父親と愛を知らずに育った息子が、ひょんなことからアメリカ大陸横断の旅に出るハートフル・ロードムービー。主演のフェリシティ・ハフマンは、女性になろうとしている男性という複雑な役どころをみごとに演じてアカデミー主演女優賞にノミネートされたほか、ゴールデングローブ賞主演女優賞を獲得するなど高い評価を受けた。共演は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のケヴィン・ゼガーズ。監督は新人ダンカン・タッカー。
 若い頃から男性であることに違和感を抱き、いまは女性として独りLAで慎ましい生活を送るブリー。ようやく肉体的にも女性になるための最後の手術に許可が下りた矢先、彼女のもとにニューヨークの拘置所から1本の電話が掛かってくる。トビーという17歳の少年が実の父親“スタンリー”を探しているというのだ。トビーは、ブリーがまだスタンリーという男性だった時代に、ただ一度女性と関係を持ったときに出来た子どもだったのだ。こうしてブリーは渋々ながらも、トビーの身元引受人になるべくニューヨークへと向かうのだが…。


これぞまさしくロードムービーの宝石箱や(彦麿)
出会いと別れと貧乏と泥棒と通りすがりの人の親切が詰まってる(彦麿)

それにしても主演のフェリシティ・ハフマンはスゴイわ。
本当に元オッサンに見えるから、俳優って怖いわ。

そこそこ面白かった。
ので、暇ならレンタルで観れば?
くらいのオススメ度。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-31 11:06 | 映画

ラブ★コン

間違えた。
観る映画間違えた。
というか昨日映画観に行ったことが間違いだった。
レディースデイで1000円だし「ラブ★コン」でも観ておくか、と思っちゃったのが間違いだった。

世間は夏休みなのでございました。

そんなわけで、キャピキャピした女子高生的な生物に混ざってひとりで「ラブ★コン」観ましたよ。
しかし、どうして女子は集合するとあーやっかいな行動をとるのかね。
奴ら行動がオバチャンだよ、本当に、若いのに。
私語は慎まないし(まー私語慎まなくても良いような映画ではあったが)。
上映が始まってから席を移動するし。
「席替わってください」とか言ってくるし(びびった)。

本当に奴ら、全員、死んでくれないかしらね、ホホホ。

映画は面白かったです。

藤澤えまは思ったよりちゃんと演技できていた。
それにしても鼻の穴の目立つ子だ。

そして脇役達がよかった。

・ ぬっくん ・・・ 面白い
・ 田中洋次 ・・・ 素敵
・ ムツさん ・・・ いつもながら無敵
・ 谷原王子 ・・・ 実は主役
[PR]



by c-oichan | 2006-07-27 19:54 | 映画

近況報告

10日ぶりにこんにちは。
この10日間何をしていたかと言いますと・・・

① すごく体が弱っていました
  下痢気味、嘔吐、脱水症状など
  でも現在はとても元気

② 休日出勤
  上記の如く体グダグダの状態で日曜に出勤
  うんこ
  うんこをしに行った
  そんな感じになった

③ 髪を切った
  んだけど誰も気付いてくれない

④ 漫画を読んでいた
  患者さんに借りた漫画(「ギャラリーフェイク」)をひたすら読んでいた
  結構面白い
  「ササナキ」の最終刊も読んだ
  結構面白い

⑤ DVDを観た
  「ハリポタ」の一番新しいやつ
  感想、特に無し

⑥ 映画を観に行った
  「ラブ☆コン」
  よりによって「ラブ☆コン」
  感想はまたあとで

弱っていたわりに良く動いていた。
今はとても元気なので、映画とか歌舞伎とか買物とか、そっち方面に力を入れていきたい。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-27 19:30 | ごあいさつ

barfuss 裸足の女

昨日はお休みだったので、行ってきましたドイツ映画祭2006。
お目当ての「裸足の女」を観られて大満足。

どんな映画だったかというと・・・

失業中のプレイボーイ、ニックは精神病院で掃除夫の仕事をしていたときに若い女性ライラの自殺未遂現場に遭遇する。彼女はニックの自宅までついてきたばかりか、遠い街にある義父宅への旅にも同行する。長年母親に監禁されていた彼女にとって、それは生まれてはじめての外出だった。冒険を重ねるうちに、両者は次第に心を通い合わせるようになる……。主演・監督をつとめたシュヴァイガーは、ドイツ最高の人気俳優である。軽やかで心温まる演出のなされた本作は、欧州諸国で大ヒットを記録した。

で、めちゃめちゃ心温まった。
しかも面白かった。
さすがティル様、(クスクス笑いの)ツボを心得ておられるワ。

こういう「○○映画祭」で上映される作品が好きだ。
次はスペイン・ラテンアメリカ映画祭に行きます。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-18 12:10 | 映画

ごちそうさま・・・

げふぁ!(ゲップ音)
↓のようなツマミ×ツマミといった食事にはビールが欠かせませんわけでして。
結局ごぼうのサラダとタン塩とつぶ貝とビール(お中元で頂いたプレミアム盛る津)が本日の夕食と相成りました。

このところ夜勤続きでして・・・。
ちなみに今日は日曜日だってえのに出勤でして・・・。
そんなわけで、ビールが手放せない体になってしまいました。
いつか体壊す。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-16 21:27 | 生活

22歳・女の買い物(コンビニ編)

e0025105_203013.jpg

今から夕食です‥
[PR]



by c-oichan | 2006-07-16 20:30

憑かれました

今日は通し勤務だったわけですが、

(説明しよう!通し勤務とは日勤と夜勤を続け様に行う勤務形態のひとつであり、手当ては付くが、それは決して時給に換算してはならないともっぱらの噂なのである)

大変憑かれました。
だいたい職場に15時間も居続けるってどうなんですかね。
実働12時間30分(その殆どが立ち仕事)。
今週はそれが週2回☆うんこ!!
今日の夜はもう眠くて眠くて、でも家に帰ったら寝つけなくて、もうこうなったら酒の力を借りようか。

今週は夜勤と通し勤務のみ。
明るい内に帰れない辛さ。
さー、明日は夜勤だ☆うんこ!!
[PR]



by c-oichan | 2006-07-15 00:30 | 仕事

今日はお休み、そして筋肉痛&腰痛

今日は久々の休み。
最近やれ学会、やれ機器メンテで日曜日がことごとく潰れていたからね。
で、今日は何しよっかな~。
映画でも観ようか、それとも家でDVD、読書・・・。
髪も切りに行きたい。
んだが。
なんだか全身が痛いよ(筋肉痛)。
ジジむさいがいっちょ整体にでも行くか。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-13 11:25 | ごあいさつ

フェデラー優勝

ウィンブルドン、フェデラーが史上4人目の4連覇を果たしました(おめっとさん)。
大方の予想を裏切らない展開でした。
やっぱりフェデラー、巧いし強いよ。
試合中もあんまり表情変えないし。
その余裕が最終的には憎らしくなってきて、フェデラーのミスショットに必要以上に喜ぶ私。
いくらナダル贔屓とはいえ、今思えば大人げの無い観戦態度であった。

しかしながら、ナダルしゃんも超頑張っておられた。
第一セット、フェデラーのサービスエース連発にはかなり凹んだ(私が)。
しかもスコアは6-0。
ナダルしゃんこのまま撃沈かしら・・・
と思ったのも束の間、第二セットからはナダルしゃんも結構乗ってきた。
第二セットのタイブレークには競り負けたけど、第三セットのタイブレークではナダルONステージだったしね。
面白いようにパッシングが決まる。
ナダルしゃん、いやナダル様、かっこええ・・・
まぁ、結局フェデラーの技術に負けるんだが。

とはいえ赤土キングのナダルしゃん、苦手な芝でよくぞ芝キングを追い詰めた。
クレーもハードも強くて、その上芝でもどんどん上手になって。
まったくナダルしゃんは、成長著しいぜ。

というわけで、ナダルしゃんのココが好き!!

・ 体
  主に上腕。MACCHO

・ お肌
  テニス選手らしく、素晴らしい褐色
  しかも若さ溢れるピチピチお肌

・ 左利き
  もうそれだけでカッコ良い
  しかもネイティブのサウスポーじゃなくて、矯正したんだって(努力家!)

・ ガッツポーズ
  コート上で結構感情を表に出すところが愛らしい
  よく貧乏揺すってるところもそう考えれば許容範囲だ

・ サービスボールへのこだわり
  サーブの時、ボールパーソンから3つボールを受け取って気に入った奴を使う
  なんだそりゃ

・ 意外と几帳面
  ペットボトルを置く位置とか、超細かい

・ パンツの食いこみを直すしぐさ
  特にサービスゲームでやってる
  おまじないとかだったら相当面白いんだけど

・ 脅威の瞬発力
  ビックリするくらい反応が早い
  普通拾えないって、つうボールも拾う
  素敵

あー、ナダルしゃん、いいわぁ。
この調子で芝でもフェデラーをやっつけちまえ!!
いや、私、フェデラーも好きだよ?
むしろフェデラーのコーチまで含めて好き!!
フェデラーのコーチは常に口に何か咥えているよなあ(気になってしょうがない)

それはそうと、アガシ、引退するらしいね(とうとう・・・)
なんかもう、50歳くらいまでやる気かと思ってた・・・

といった感じのウィンブルドンであった。
WCさえなければもうちょっとTVで試合見られたと思うと、かなり悔しいが。
[PR]



by c-oichan | 2006-07-10 02:14 | 時事

ウィンブルドン

先月の全仏オープンに続き、ウィンブルドンでもナダルしゃんを応援していた私。
そのナダルしゃんが見事、決勝進出しました☆
決勝の相手は全仏でも決勝を戦った王者フェデラー。
芝では圧倒的にフェデラーが強いとは知りつつも、ナダルしゃん優勝に一縷の望みを託して応援します。
だってナダルしゃん、クレーでもハードでもとっても強いし、芝でだってだんだん上手になってるんだよ。
試合に勝ったときの笑顔も本当に素敵だし。
若いし(フェデラーもだけど)。
イイ体してるし。
応援したくなるってもんでしょう。

というわけで、今晩はNHKにかぶりつき。
WCも決勝らしいけど、知ったことではないよ。
みんなもウィンブルドンで熱くなろうぜ!
[PR]



by c-oichan | 2006-07-09 18:25 | 時事

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログジャンル

画像一覧