PROKHROVN

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




日曜の、長い昼寝から目覚めて現在PM24時04分。
すでに月曜ですが何か。

惰眠を貪ると妙な夢を見るのは周知の事実ですが、今日はとびきり印象的な夢を見たので、こんな時間でなおかつ明日は仕事ですがご報告いたします。
これでも平日の昼間はきちんと社会人してます。
だからこそヤバイ?うんわかってる。

で、夢ですが、
「キムタクと結婚して子を為す」
といったトンチキなものでした。

結婚して子を産む・・・これは、まぁ、わたしこれでもお年頃ですからね。
もうむしろ、結婚したい、二度言おう、結婚したい。
夢は玉の輿。

しかし、いくら夢とはいえ相手がキムタクとは自分の脳みその沸き加減に恐れ入る。
キムタクって、言うまでもなくあのキムタクですよ??
世間様で(アンアン様で)いうところの好きな男ぶっちぎり一位。
福山を永遠の二番手に押さえ込む実力の持ち主・・・。
どうしよう、私、竜兵様一筋だと思ってたのに、実はキムタク好きだったの?
もうお嫁行けない・・・!!

とかいいつつ、夢の中では行ってました。
静香の存在は華麗にスルーで。
夢の中の私は、それはそれはキムタクに尽くす貞淑な妻。
何故か日本家屋の玄関で三つ指付いていってらっしゃいませ。
留守中はキムタクのパンツとか洗ったりしてました(家政婦雇え)。
あと、スマップのレコード(?!←針落とすのに四苦八苦)聴いたり。
果ては妊娠・出産。

生まれた子供は男の子。
育てた記憶もないままにマッハで育ち(夢特有の早送り機能)、いつのまにか幼稚園児に。
「ぼくしょうらいは政治家になるよ。
ぐみんのためにレールを敷いて、そいつらがかせいだ金のうわずみを掬うんだ」
とか恐ろしいことを宣言するわが子に満足☆でドリームオーバー。

いま思い出しても珍妙な夢でしたが、キムタク、ほんのちょっとしか登場してない・・・
それともあれはホリだったのかな?
[PR]



by c-oichan | 2007-02-19 00:15 | 生活

マリー・アントワネット

L.A.WEEKLY評の"INSTANTLY FORGETTABLE"(即座に忘れる)じゃーないが、観終わってから数時間しか経っていない現在、記憶にあるのはお菓子と犬とフェルゼン伯爵のみ・・。

でもそれじゃいくらなんでももったいないので、思い出してみると・・・
監督ソフィア・コッポラお得意の、が、ガーリー・・。

喩えていうなら、
マリ・クレール(ファッジでも可)などのファッション雑誌のヴェルサイユ特集を見た感じ・・・。

「マリー&ポリニャック夫人の春の装いはコレ!」
「魔性の女になる!王太子をオトせ!」
「絶対かわいい髪形INヴェルサイユ」
「仮面舞踏会の主役になる!ドレス選び」
「プチ・トリアノンで暮らす~本物のロハス」

といった様相であった。
お、おしゃれ~!!

ちなみに、INSTANTLY FORGETTABLEな中でも記憶に残ったフェルゼン伯爵だったが、まるでマンガ(ベルばら)のようであった・・・。
というか、役者陣の中ではフェルゼン伯爵のみ面白く感じた。
[PR]



by c-oichan | 2007-02-14 19:53 | 映画

文明開化

しれっと更新していますが、40日ぶりに。
その間にもいろいろあって、つまり、パソコンが、つーかOSが、気付いたら98SEからVistaになっていた。
(段階を踏まないのが私の良いところです)

しかしかわゆい。
マウスポインタのちょっとタンマの砂時計が、砂時計じゃなくなってるよ。
なんかまーるいのがクルクルしてる、昔のマックのちょっとタンマみたいなやつだ(今のマック知らんが)。
アイコンもなんかしらんがまるまっちくてかわゆい。
IEもページタブとか付いてるよ、デフォルトで。これ仕様だよね?

活用してないから機能面のことはよくわからん。
これからも活用する予定がないので98からVistaになったからってどーってこともないんだけど、とにかく文明開化した、無駄に。

ところで学生時代のレポートとか論文とか諸々のファイルがどっかいった。
二度と使うこともないから別にいーんだけど、記念に手元においておきたかったのに。
ハードディスクの空き容量がハナクソほどしかないんだが、いったいどうなっとるんだウチの子は。
つーかどこに隠したあのファイル!!
[PR]



by c-oichan | 2007-02-03 19:16 | ごあいさつ

中国四国物産展

サッポロのフィギュアつきアルコール飲料キャンペーン第6弾、
「海洋堂 [フィギュア版] 中国四国物産展」に参戦。
全15種類フルコンプに向けて、地道に集めております。
集めておりますが、なんか、海洋堂、手、抜いて、る・・・?

今日手に入れた厳島神社の大鳥居なんか、パーツが土台に嵌らず鳥居にならないというダメっぷり。
モノにもよるんだけど、ディテールも適当というか、これは原型製作した人によるのかな?
土佐犬とか鳥取砂丘とかのデキは素晴らしいんだけど、山陽新幹線とか讃岐うどんとかは正直ちょっと・・・。

過去の北海道・九州・沖縄・みちのくと比較して全体的にレベルが下がっておりませんか、気のせいですか、そうですか。

ところで、このオマケフィギュアのためにコンビニでサッポロ黒ラベルを購入するわけですが、今日ひさびさに年齢確認の憂き目に遭いました。

店員「おいくつですか?」
わし「何が」

この「何が」の声のトーン、ご想像ください。
店員、ちょっとビビッておりました。

吐き捨てるように「23だよ」と言ってやりました。
マア23にもなって、945円で購入したケアベアのお財布(超かわゆい)を取り出したのも、悪かったよ・・・。
[PR]



by c-oichan | 2007-02-03 18:57 |

ラッキーナンバー7

偶然なのか?計画なのか?
絡み合ういくつもの「謎」が解き明かされたとき、
驚きのラストがあなたの「心」までも奪い去る!
すべては<幸運のナンバー7>から始まる


ジョシュ・ハートネット主演、
ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、サー・ベン・キングスレー共演のサスペンス。
監督は地味に頑張っているポール・マクギガン(「アシッド・ハウス」「ギャングスター・ナンバー1」など)

練り込まれたストーリー、実力派スターの競演、歯切れの良い演出がウリらしい(公式サイトにあった)

①練り込まれたストーリー
確かに。
エピソードの盛り込み具合、練り込み具合は2時間の映画に丁度よいかんじであった。
最近のクライム・ムービーはエピソードを盛り込みすぎてまとめきれなくなっている物が多い(フリありオチなし)。
それらに比べると、格段によく練られた物語である。

②実力派スターの競演
確かに。
よくこんだけの顔ぶれで撮れたよ。
皆さん地味ながらもハリウッドの一線でご活躍の方々で、さすがの存在感を放っていた。
特にブルース・ウィリス。殺し屋グッドキャットをギリギリながらもピッチリヨコワケな感じで演じておられた。
しかし、最近殺し屋役多いね。
殺し屋かジョン・マクレーンかってとこか。

③歯切れの良い演出
???
ストーリーを練り込みすぎた弊害か、「謎」が解けていく過程がくどい。
説明過剰による後半の失速感が観ていて悲しかった。
スレヴンが実はあの時の子供だってことは観客うすうす感づいちゃうんだから、何もそこまでご丁寧に説明せんでも、マクギガンよ・・・。
説明がモー鬼のようなわかりやすさなもんで、観終わったころには何が謎だったのかそれすらわからなくなる始末・・・。

まとめ

  わかりやすさとスタイリッシュの両立は超むづかしい。
  ブルース・ウィリスの禿は最早ネタ。
  ロンゲヅラには清々しさすら感じた。


  
[PR]



by c-oichan | 2007-02-03 18:30 | 映画

生存報告&備忘録
by c-oichan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28